明智光秀関連の小説やマンガや書籍一覧

明智光秀の小説や関連書籍、マンガなどを読んでみましょう。

 

小説の物語から明智光秀を知ってみると、感情移入できて面白いですし、関連の書籍から明智光秀を学ぶのももっと知る事ができてより楽しい趣味になっていきます。

【内容は書籍紹介を引用】

 

明智光秀・秀満:ときハ今あめが下しる五月哉

 

 

織田家重臣として活躍しながらも、主君信長への謀反を起こした明智光秀とその女婿秀満。本書では、謎に包まれた二人の前半生、そして行動と人となり、さらには本能寺の変に至った動機と背景を解明する。

 

⇒楽天ブックスで探す!

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

明智光秀と本能寺の変

 

 

なぜ明智光秀は本能寺で織田信長を討ったのか。下克上の時代とはいえ、戦国の覇王であり主君への謀叛の背景には謎が多い。光秀の経歴も秘密めいている。そのためさまざまな憶測がされ、信長への私怨説、朝廷か足利義昭か、はては徳川家康による陰謀説などが語られてきた。名門・土岐明智氏を自称しながら足軽衆としてキャリアをスタート。主君を変えながら武功を重ねて頭角を現わした「知将」の人生をたどりながら、明智光秀という戦国ミステリーの主人公を読み解く!

 

⇒楽天ブックスで探す!

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

信長家臣明智光秀

 

 

天正10年(一五八二)六月二日、世にいう「本能寺の変」が勃発、織田信長を討ったのは彼の家臣・明智光秀だった。いまだ謎めく謀叛の動機―。その解明のカギは「主君」と「家臣」という二人の関係にある。光秀の足跡を追いつつ、人物像にも触れることで、信長殺害までのいきさつに迫る。日本史史上、もっともミステリアスでドラマティックな事件。「なぜ光秀は主君信長を討ったのか」。

 

⇒楽天ブックスで探す!

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

 

 

 

他の書籍も探す

明智光秀関連の書籍は他にもあるので、楽天ブックスやアマゾンで探してみましょう。

 

色々な角度からを明智光秀見てみると、ゆかりの地巡りはもっと楽しくなります。

 

電子書籍ストアの比較ランキング

読書を紙の本ではなく電子書籍で読みたいという人は、電子書籍で楽しみましょう。

 

電子書籍ストアをランキングで紹介します。

 

・初回2,000円以上購入で1,000ポイント付与が嬉しい
・ポイント還元率も高い

 

・小説の品ぞろえが多いので2位
・買うほどお得な会員ライク制度
・初回購入金額の半分がコイン還元

 

・毎日貰えるクーポンあり
・使いやすさは一番
・初回購入の時に1冊半額で買えるクーポンあり

 

・品揃えは多くチェックしておきたいストア
・初回購入金額が30%OFFになるクーポンあり

 

電子書籍で読みたい人は、このストアで探しておくと大丈夫です。