滝川一益関連の小説やマンガや書籍一覧

滝川一益の小説や関連書籍、マンガなどを読んでみましょう。

 

小説の物語から滝川一益を知ってみると、感情移入できて面白いですし、関連の書籍から滝川一益を学ぶのももっと知る事ができてより楽しい趣味になっていきます。

【内容は書籍紹介を引用】

 

乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益

 

賀の忍びあがりの土豪、滝川久助は、男の陰謀で父を失い、兄を殺め出奔。久助は名を一益と改め、諸国を放浪中に織田信長と運命的な出会いをする。一益は、射撃や忍びの腕だけでなく、武将としても力をつけ、信長の寵臣として存在を大きくしていく。天下への道を着々と進んでいく信長だったが、天正十年(一五八二)、家臣・明智光秀の突然の謀反によって斃れてしまう―。一益を頼みとする若き前田慶次郎、伝説の忍者・飛び加藤といった魅力的な脇役も登場。謎多き武将、滝川一益の波乱に満ちた生涯を描く。

 

⇒楽天ブックスで探す!

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

滝川一益―信長四天王の雄、波乱の生涯

 

 

織田信長の時代、国家の政権は四人の手に握られていた。柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、そして滝川一益である。なかでも一益はひときわ武勇にすぐれ、関東の人々は滝川という名を聞いただけで恐れおののいたという。得意の鉄砲で武田軍を壊滅させ、勢いに乗る一益、しかし本能寺の変が彼の人生を狂わせ始めた…。晩年は出家の道に入り、越前で波乱の生涯を閉じた悲運の猛将の全貌。

 

⇒楽天ブックスで探す!

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

織田信長の家臣団―派閥と人間関係

 

 

織田家中で最古参の重鎮・佐久間信盛は、本願寺攻めでの無為無策を理由に信長から突如追放された。一見理不尽な「リストラ」だが、婚姻や養子縁組による盤石の人脈を築けなかった結果とも言える。本書では、一万を超す大軍勢を任された柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益・明智光秀ら軍団長と、配下の武将たちの関係を、地縁・血縁などから詳細に検証。これまで知られなかった「派閥」の構造に迫り、各軍団の特性を明らかにする。

 

⇒楽天ブックスで探す!
⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

他の滝川一益関連書籍を探す

滝川一益関連の書籍は他にもあるので、楽天ブックスやアマゾンで探してみましょう。

 

色々な角度からを滝川一益見てみると、ゆかりの地巡りはもっと楽しくなります。

 

電子書籍ストアの比較ランキング

読書を紙の本ではなく電子書籍で読みたいという人は、電子書籍で楽しみましょう。

 

電子書籍ストアをランキングで紹介します。

 

・初回2,000円以上購入で1,000ポイント付与が嬉しい
・ポイント還元率も高い

 

・小説の品ぞろえが多いので2位
・買うほどお得な会員ライク制度
・初回購入金額の半分がコイン還元

 

・毎日貰えるクーポンあり
・使いやすさは一番
・初回購入の時に1冊半額で買えるクーポンあり

 

・品揃えは多くチェックしておきたいストア
・初回購入金額が30%OFFになるクーポンあり

 

電子書籍で読みたい人は、このストアで探しておくと大丈夫です。