津軽為信のゆかりの地巡りと歴史小説と御朱印!記事一覧

津軽為信は名字の津軽でわかる通り、現在の青森県で戦国時代に津軽地方を統一した智将で、初代の陸奥国弘前藩初代藩主になった武将です。その道のりは平たんなものではなく、極めて険しいものでしたが、明治維新まで続く大名家の礎を築いた名将です。弘前城

津軽為信のゆかりの地を巡って、どんな風に生きたのかを感じに行きましょう!★津軽為信ゆかりの場所に行ってみよう!【津軽為信の銅像】青森県弘前市下白銀町19−4 弘前文化センター敷地内。為信の銅像が弘前城東門近くの弘前文化センター正面入口前にあります。見に行ってみましょう。★津軽為信の主な戦場!【石川城】石川城は別名大仏ヶ鼻城と呼ばれ、石川高信が居城としいました。1571年5月5日未明に津軽為信が急襲...

津軽為信の関連寺社の御朱印をいただきに行こう。菩提寺や関連地域、関連があった寺社の御朱印を集めましょう。関連の寺社を紹介していますが、浄土真宗の寺院など、御朱印がいただけないところもあります。

津軽為信関連の小説やマンガなどを読んでみましょう。物語から津軽為信の歴史を知ってみると、もっとも感情移入しやすくて津軽為信を深く知る事ができておもしろいでしょう。と言っても、津軽為信は地元では有名でも全国的にはそこまで有名ではないので、マンガなどはありません。更に小説も多くはありませんので1冊をじっくり読んでみるスタンスになりますね。