朝倉義景のゆかりの地巡りと歴史小説と御朱印!記事一覧

朝倉義景は、戦国時代でも屈指の越前強国を継いだが、ためらいと判断ミスで大国を滅亡させてしまった愚将。上洛の絶好の機会を逃すし、文化面での功績はあるものの、美女におぼれて一族や重臣にも離反されてしまい朝倉家を一代で滅亡させてしまった武将。生没年は、1533年から1573年で出身は越前。現在の福井県になります。