大友宗麟のゆかりの地巡りと歴史小説と御朱印!記事一覧

大友宗麟とは?と言って一番イメージされるのは、キリシタン大名ではないでしょうか。まさにキリスト教王国を築こうとした大名です。もちろん戦国武将の”武”としての実力もあって、絶頂期の勢力は九州6か国にも及んだので、戦国武将としてはかなりの武将と言えますね。しかし、この大友家最盛期を築きながらも、衰退も招いた波乱万丈の生涯で知られるのが大友宗麟なのです。