毛利元就関連の小説やマンガや書籍一覧

毛利元就の小説や関連書籍、マンガなどを読んでみましょう。

 

小説の物語から毛利元就を知ってみると、感情移入できて面白いですし、関連の書籍から毛利元就を学ぶのももっと知る事ができてより楽しい趣味になっていきます。

毛利元就の書籍一覧

毛利元就 (山岡荘八)

 

 

初版発行が1964年なのでかなり古い本ではありますが、毛利元就の歴史小説を読むにはぜひおススメしたい書籍です。中古本しかないかも知れませんが、その分安く売っています。

 

⇒楽天ブックスで探す

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

毛利元就 (童門冬二)

 

 

安芸の小領主であった毛利家を機略・調略でもって、見事中国地方の覇者にまで押し上げた元就。その波瀾に満ちた生涯を描く歴史巨編。

 

⇒楽天ブックスで探す

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

覇道の鷲 毛利元就

 

 

「敵を打ち倒すために大事なことは、武略・計略・調略。それ以外のなにものも不要じゃ」―。元就の卓越した知将としての策略は忍びの者を遣った情報戦、敵の裏をかく合戦陣形、謀略を駆使した政治にあらわれた。下剋上の戦国期に小豪族から身を興し、宿敵陶氏、大友氏、尼子氏らとの激闘の彼方に西国平定の野望を見据えた稀代の猛将毛利元就を描いて、その意外な素顔に迫った長編小説。

 

⇒楽天ブックスで探す

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

知将・毛利元就の生涯

 

 

群雄割拠の戦国時代、安芸(広島県)の一地頭として家督を相続した毛利元就。尼子・大内の二大勢力に挟まれ、常にその存亡を脅かされた男が、抜群のバランス感覚と先見力そして知謀をもって西国十ヵ国を制覇し、大大名にのし上がる波瀾万丈の生涯。

 

⇒楽天ブックスで探す

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

 

毛利元就 「猛悪無道」と呼ばれた男

 

 

「吉田郡山合戦は籠城戦ではなかった?」「毛利は陶晴賢の主殺しに荷担していた?」「厳島“囮の城作戦”はなかった?」などの謎を解き、元就「勝利の哲学」を徹底分析。

 

⇒楽天ブックスで探す

 

⇒アマゾンで探す!

 

⇒ヤフーショッピングで探す!

毛利元就関連の書籍を一覧から探す

他にも毛利元就関連の書籍はたくさんあるので、楽天ブックスやアマゾンから探してみてください。

 

読みたくなる本が見つかるでしょう。

 

電子書籍ストアの比較ランキング

読書を紙の本ではなく電子書籍で読みたいという人は、電子書籍で楽しみましょう。

 

電子書籍ストアをランキングで紹介します。

 

・初回2,000円以上購入で1,000ポイント付与が嬉しい
・ポイント還元率も高い

 

・小説の品ぞろえが多いので2位
・買うほどお得な会員ライク制度
・初回購入金額の半分がコイン還元

 

・毎日貰えるクーポンあり
・使いやすさは一番
・初回購入の時に1冊半額で買えるクーポンあり

 

・品揃えは多くチェックしておきたいストア
・初回購入金額が30%OFFになるクーポンあり

 

電子書籍で読みたい人は、このストアで探しておくと大丈夫です。