毛利元就はどんな戦国武将だったのか?毛利元就の生きざまとは?

毛利元就はどんな戦国武将だったのか?

 

毛利元就の生き様やエピソード、活躍などをイキイキと紹介していますので、毛利元就の生涯を知るとより楽しい趣味になるでしょう。

毛利元就は、謀略や奇計、そして身内には愛情をもって、中国地方の覇者となった戦国武将です。

 

三本の矢でも有名で、3人の息子に『1本の矢は簡単に折れてしまうが、3本が束になれば折れる事はない』と兄弟の結束を教えたと言います。

毛利元就の生没年は、1497〜1571年。

 

出身地は安芸で現在の広島県になります。

 

弱小の領主から元就一代で中国地方の覇者になった戦国武将です。

 

命令を聞かない家臣を滅ぼしたり、養子縁組で他家を乗っ取ったり、他の領主と同盟や婚姻で勢力をのばしていったのです。

 

謀略も駆使して勢力をのばしたのは、下剋上時代の戦国武将らしい武将とも言えます。

 

そんな時代ですが、自分の子供の育て方は上手かったのでしょう。

 

三本の矢の教えでも有名ですが、親や兄弟でも裏切る時代に、元就の息子たちは毛利家の為に尽くして生きていきます。