戦国武将のゆかりの地と小説と御朱印!

戦国武将のゆかりの地巡りは、とても魅力的な趣味になります。

 

特にこれから定年を迎える人や、既に定年を迎えて時間がある程度自由になる人にとっては、歴史の史実を基にして深く探求できる戦国武将のゆかりの巡りはとても面白いのです。

 

戦国武将のゆかりの地を巡るだけでも魅力的ではありますが、もっと深くもっと楽しくするために、歴史小説を読む事と御朱印をいただくことを合わせて紹介しているサイトです。

 

戦国武将

 

戦国武将ごとに歴史小説を楽しみ、そしてゆかりの地をめぐってみましょう!

 

スポンサードリンク

戦国武将一覧

【東北地方の武将】

  • 津軽為信】津軽地方を統一した智将
  • 南部信直】南部家中興の祖と言われる武将
  • 最上義光】戦わす勝つ智略で『羽州の狐』や『虎将』の異名を持つ
  • 伊達政宗】大胆不敵な奥州の覇者となった独眼竜
  • 蘆名盛氏】強敵が多い中で東北の大勢力にした名君
  • 九戸政実】天下統一に向けた秀吉に喧嘩を売った最後の戦国武将

 

【関東地方の武将】

  • 北条早雲】混迷を極めた関東において、下克上の代名詞的な戦国武将
  • 北条氏政】関東の雄である北条家が秀吉に対抗し。。。
  • 佐竹義重】急激に勢力を広げた猛将の『鬼義重』
  • 佐竹義亘』家康に『困ったほどの律義者』と評された友情を重んじた武将

 

【甲信越地方の武将】

  • 上杉謙信】義の為に戦う最強の戦国武将
  • 上杉景勝】上杉謙信の生真面目すぎる後継者
  • 直江兼続】兜の愛は有名で上杉家最強の名家臣
  • 武田信玄】最強の甲斐の騎馬軍団で信長も家康も震えた
  • 真田幸村】家康が恐れた軍略の天才で赤備えのつわもの

 

【北陸地方の武将】

 

【東海地方の武将】

  • 織田信長】うつけ者と言われながら天下布武を成した革命児

 

【近畿地方の武将】

 

【中国・四国地方の武将】

  • 長宗我部元親】幼少は姫若子と呼ばれながらも、四国を統一した実力を持った武将
  • 宇喜多秀家】五大老の一人になるも関ヶ原の戦いで敗れて流罪

 

【九州・沖縄地方の武将】

  • 島津義弘】朝鮮出兵・関ヶ原でも島津の武名を天下にとどろかす
  • 龍造寺隆信】冷酷な猛将で肥前の熊と恐れられる
  • 大友宗麟】九州を3分する北九州の覇者でキリシタン大名

御朱印はテーマを持って頂くのがおもしろい!

御朱印は一冊の御朱印帳にただ集めるのではなく、テーマを持って頂いた方がおもしろいです。

 

例えば、一冊の御朱印帳に戦国武将が眠る菩提寺だけを集めるなどは魅力的です。

 

または、好きな武将の関連の寺社だけを集めて、この一冊は上杉謙信の御朱印帳として集めてみるのもおもしろいでしょう。

 

テーマごとに御朱印帳を分けて集めてみるのも素敵な趣味になります。

 

お出かけ前に素敵な御朱印帳を準備していきましょう。

 

定年後の趣味としても最高!

戦国武将のゆかりの地に行った時に、小説の中の『あの武将が攻めたお城だ!』や『この戦場でこんな風に戦ったんだ』という思いをめぐらしながら、ゆかりの地を巡るとさらに楽しくなります。

 

戦国武将のゆかりの地巡りは、人気があるのでやっている人は多いですが、巡る時に小説などを参考にしながら巡ると、他の人とは違った巡り方ができます。

 

あなたが戦国武将ごとに巡った場所などを、ブログなどで日本中または世界中の人に、その魅力を発信しても面白いです。

 

定年後の趣味として魅力なのは、オリジナルの戦国武将のゆかりの地巡りをして、その内容を世界に発信して世界の人と繋がれる事にあります。

 

あなたが感じたオリジナルの戦国武将ゆかりの地巡りでの思いや、感情などは他の人にとってはとても魅力に映るのです。

 

ブログであれば、日本中または世界中からあなたのブログに対して、コメントももらえたりするのでやりがいも出てきます。

 

歴史小説を読んでその歴史小説に出てきた場所などを、ゆっくりと堪能しながらゆかりの地巡りをしてみましょう。

 

さらにその近隣の御朱印などをいただくと、ゆかりの地めぐりの証にもなるので集め甲斐もあるものです。

 

御朱印には当然ながらその巡って頂いた御朱印の、寺社の名前と日付なども入るので、いつどこに行ったかの思い出としても最高です。

 

戦国武将ゆかりの地巡りを大テーマにして、歴史小説を読んだり御朱印を頂いたりして、オンリーワンの趣味として楽しもうというガイドサイトです。

歴史小説とゆかりの地巡りの楽しみ

歴史小説を読んでから、その戦国武将のゆかりの地に行くのって、なんだか疑似体験ができているようで不思議な面白さがあります。

 

お城を歩くのも、攻め手側の気持ちになってみたり、また守り手側の気持ちになってみると、そのお城の存在がまったく違って見えてくるから不思議です。

 

戦国時代は、その激動の時代を生き抜いたそれぞれの武将の生き様や葛藤、人間模様に彩られています。

 

奮闘むなし散った人もいれば、思いを遂げて歴史に名を馳せた武将など様々です。

 

そんな一人の武将という人間をテーマにした物語を通して、歴史的背景を学び知りそして体感できる場所に行ってみるというのが最高です。

 

同じ歴史でも、読む小説が違って主人公の武将が変われば、歴史の見方も変わってきます。

 

なので、同じ場所に降り立ってもどちらの視点で物語を見るのかによって、全然思いが違ってくるのです。

 

その場所に行って、城や土塁などの場所に立ってみましょう。

 

戦国時代はわずか400年500年前です。

 

遺跡であっても土に埋もれずに見て体感する事ができるのです。

 

時を超えてその場所でどんな戦闘が行われていたのかというのが感じられるのです。

 

まずは物語で戦国武将の疑似体験をし、次にその場所に行きその場所で感じる物語を思い描いてみましょう。

 

なんとも素敵な趣味になるでしょう。

お城巡りもやってみよう!

戦国武将からゆかりの地を巡るだけではなく、お城をテーマにお城巡りもやってみましょう。

 

必ずしも有名な武将と有名なお城が一致しないからおもしろいです。

 

武将としてはあまり知られていなくても、お城はとても有名という事はあります。

 

お城をテーマに戦国時代をより深く探求してみると面白さも倍増です。

歴史好きの仲間もできる!

今はお城めぐりや戦国武将ゆかりの地などの歴史を感じるところはとても多いです。

 

一昔前は、戦国時代の歴史好きは男性が多いものでした。

 

しかし現在は、”歴女”というぐらいに歴史好きの女子も増えて、そして旅を楽しんでいる女性が多くなっています。

 

むしろ一人でも行動的なのは女性の人の方が多いかもしれませんね。

 

そんな人たちと、楽しみが共有ができたりもします。

 

『戦国時代の歴史』をテーマに、年齢が離れた異性ともお友達になれるのも楽しみの一つになります。

 

戦国武将のゆかりの地巡り、歴史小説、御朱印集めをまとめて楽しみましょう。